HOME > コラム インフルエンザについて

「インフルエンザ」について

平成30年12月27日、年末年始の大忙しの中、40歳にして初のインフルエンザを経験した本社のMです。

せっかくなので、インフルエンザについてまとめた事を報告します。


★予防接種について

インフルエンザの予防接種は、40回感染するうち1回の感染を防ぐというものだそうです。つまり、予防接種を打ったからと言ってインフルエンザにかからないか?と言うとそうではなく「予防接種をしていてもかかる場合もある」という事です。冷静に考えれば、予防接種は『流行る前に打つ』わけで、今年どんなウイルスが流行るかはあくまでも去年までのデータからの『予測』でしかありません。なので予防接種を打ちつつ、手洗い、うがい、マスクなどで感染を防ぐ必要があります。

さて、40回中1回の感染を防ぐレベルと言われると「え?たった1回?39回かかるんじゃん?」と思うかもしれませんが、世界70億人レベルで考え見れば、ざっと2億人ぐらいの感染を押さえられる計算になるので、大きな視野で見ると優れた薬に入るのではないでしょうか?


★ヨーグルトやサプリなど

最近ではいろいろな法律の壁があり、たとえば『インフルエンザを予防するヨーグルト』などのように「効果」を簡単には謳えなくなりました。そこで各社は商品にキャッチコピーを付けることで消費者に訴えかけ、自社のホームページなどで実際の分析データなどを表示することになります。

有名どころでは「強さ引き出す乳酸菌」のキャッチコピーでお馴染みの赤いパッケージのヨーグルトなどがあります。

また最近の研究論文では、ビタミンDがインフルエンザを予防するのに効果的であることが発表されています。その効果は、30回感染するうち1回の感染を防ぐというもの。これ、予防接種を超えていますよね?

手洗い、うがい、マスクの他にも「効く」とされるヨーグルトやサプリメントの併用で上手にインフルエンザ予防しましょう!


★気になる症状

・高熱が出る、が必ずしもすぐにインフルエンザ反応がでるわけではない

僕の場合、12/25(火)が疑わしきところでその晩には40℃近い熱が出ました。翌日の12/26(水)夕方に40度を超えてきたので会社近くの病院に行き、検査をしましたが反応なし。反応が出なかったので普通に仕事を続行し、翌日12/27(木)の朝も同様に40度を超えていたので再度会社近くの病院で検査をするも反応なし。その晩には、42度を超えてきたのでさすがに大きな病院の夜間外来を訪ねたところインフルエンザ反応がでました。疑わしきところから60時間ぐらいでようやくインフルエンザの検査にひっかっかったことになります。

薬はその夜間外来で出せる「イナビル」という粉を吸い込むタイプのものを2本出されその場で吸入しました。それ以外はアセトアミノフェン系のカロナールで熱をしのぐことに。

みなさん、間違っても自己の判断で市販のロキソプロフェンやイブプロフェンを飲んだりしてはいけませんよ?インフルエンザの場合、特に小さいお子さんだとインフルエンザ脳症になる恐れがありますので医師が処方したアセトアミノフェン(有名な薬だとカロナール)だけにしましょう。


・全身が痛い

とにかく痛い。痛い。痛い。24時間ずっと全身に針を刺され続けているようなまさに地獄。特に目。目を引っ張り出して上からクシを刺したような痛みが。。。ほんと辛かった。


・寒い

どれだけ着込んでも布団にくるまっても、体の奥底から冷えがやってきてガクガクブルブル震えます。手の先、足の先も冷たくどれだけこすっても暖かくならない。熱が高いのに寒いとか、ほんと何なんでしょうね・・・


・睡眠

42度もあるとまともに睡眠も取れませぬ。目を閉じて、朝起きたような感覚で時計を見ると3分も進んでいません。感覚的には5~6時間が3分ぐらいに感じられる。特に12/28からは大寒波で雪も降っていたので夜寝れないのは地獄でした。


・めまい、ふらつき

ずっと枕に頭をつけて横になっていたせいもあるのか平衡感覚が尋常ではありません。寝返りを打とうものなら脳みそがぐるぐるシェイクされたみたいになり「おえぇぇぇ」となってしまいます。当然トイレに起きるだけでも吐き気との闘いです。


・関節の痛み、腰の痛み

これもインフルエンザの症状の1つ。とにかく腰と膝が痛い。仰向けで横になると数分で耐えられない痛みが襲ってきます。その場合は、膝を曲げておくか、横向きが良いですね。ただし、当たり前ですが高熱でめまい・ふらつきがあるとテレビなんてまともに見れません。本を読むこともできませんので、ひたすら横になって1点を見つめ続けるという地獄を味わうことになります。ピアノは弾けないまでも、もしもテレビが見れたならほんと救われたと思いますが・・・・。


・途中記憶に障害が?

感染から反応が出るまでに3日間かかっていたからか、イナビル吸入では熱が下がらず40℃越えが5日間まるまる続きました。おかげさまで途中で何をどうしても自分の名前が思い出せず、近くにある布団、枕、ソファ、パソコン、カバン、と確認をしていくのですが、自分の名前や仕事などが思い出せず、、、、あのときは本気でパニックになりダメかもと思ってしまいました。これも高熱の症状なんでしょうかね・・・・。



おっさんの辛かった体験談を読まされても何も面白くないと思いますが、とにかくインフルエンザがつらい事は分かると思いますので、各自手洗い、うがい、マスク、サプリなどで予防して上手に戦いましょう!